きみのゆめ農園

Saori Kanaya Private Blog

Category Archives /
農×福連携

農林水産業コンサルタントとして地域活性化に携わっていた経験を踏まえ、農福連携の事例などを発信します。

【農×福】29年度の農福連携の方向性

本当に大切な農福連携の「目的」とは、障がいのある人や高齢者もその特性を活かし、当たり前に農作業に従事し、美味しい野菜や果物を作り、農「業」の振興を支えるということ。
取組の事実を作ったことに終わる農福連携ではなく、「業」の振興につながる農福連携の在り方を追求する必要があるのです。

Read more
阿部くん

ガーベラ×人力車のPRイベント

今でもとても心に残っている仕事の一つに、人力車とコラボレーションをしてガーベラのプロモーションを行う企画がありました。
日本一の大産地である浜松市のガーベラ。その素晴らしさを伝えるため、「異業種とコラボレーションする」というミッションのもとに進めたこの企画。
一輪の花を忘れられないものにするにはどうすれば良いか、しばらく頭を悩ませていた時に浮かんだのが、浅草の人力車でした。

Read more
マッハ

今が旬♪埼玉福興さんのたまねぎ「マッハ」

埼玉福興さんでは、オリーブのみならず、たまねぎや白菜を契約栽培で生産したり、ハウスで深谷ねぎの苗を栽培するなど、大規模な農業生産に取り組んでいます。
障害を持つ方々の就労を確保するために一から農業を始めましたが、農業技術の習得に当たっては地域の若手農家さんたちとのネットワークを育み、2代目3代目の農家さんたちと有機的につながりながら、安心して美味しく食べられる野菜の生産を実践してきました。

Read more
秋田県五城目町

【農×福】オリーブの木々が見守るソーシャルファーム、埼玉福興株式会社

先日、埼玉県熊谷市にあるソーシャルファーム、埼玉福興株式会社さんを訪れました。28名の方々が共に生活を営むグループホームがあり、目の前には大きなオリーブの木々が、皆さんを見守るかのように佇むのどかな場所。ここで農業が始まったのは、約10年前のことだと、代表取締役の新井利昌さんは語ります。

Read more
秋田県潟上市

【農×福】農福連携のかたち

近年、農業の新たな可能性として、福祉分野と連携した「農福連携」が注目されています。担い手不足や耕作放棄地の増加など農業サイドの抱える課題と、就労や社会参加の場を必要とする福祉サイドの抱える課題との双方を解決できるという期待から、農林水産省は厚生労働省との連携のもと、福祉農園の開設や専門家派遣等、ソフト・ハードの両面からの先進事例創出と横展開を推進してきました。行政が主体となって連携を支援する動きも、全国的な広がりが見られるようになっています。

Read more