きみのゆめ農園

Saori Kanaya Private Blog

【発達障がい児の育児】最後の運動会-縁の下の力もち!

しばらくの間、アウトプットすることから離れていましたが、またこうして「書きたい!」「書こう!」と思い、それが実現できるようになるまでに支えてくれた全ての皆様に、感謝申し上げます。

気づけば長男は中2、発達障がいの次男は小6、長女は小5、おチビは2歳半。
私が仕事しかしていなかった間に、すっかり大きくなってしまいました。
今日は、それを実感した、先日の運動会での出来事について書いていこうと思います。

次男は運動会が苦手です。
普段とは違うルーティーンで動かなければいけないのはもちろん、集団でルールを守ったり、みんなで同じ行動をしたり…。
特に、5、6年生の目玉競技である騎馬戦と組体操では、人と密着したり思いっきりぶつかったりしなければいけないのが嫌で、昨年のこの時期は機嫌が最悪でした。

またの機会に書きたいと思いますが、実は5年生のときは、担任の先生との相性もあまり良くなかったようです。
先生の指導力がどうのこうのではないのですが、やっぱり人と人ですから、子どもだろうと大人だろうと、そういうのってありますよね…。
毎日のように学校から電話が来て、その日一日の悪態に関する報告を受けていました。

ただ、「それは先生の勉強不足じゃないの!?」と思った出来事も、なかったわけではありません。
本人が大真面目で困っていても、はたから見たらふざけているように見えるときは、どうしてもあります。
そのときに、「やる気がないなら、教室に帰れ!!」と先生が激怒したら、発達障がいの子はどうするでしょうか。
はい、素直に教室に帰るのです(笑)
教室に帰り、そしてまた帰ったことで先生に激怒される…。
反省したからこその行動なのに、「なんで…!?」と思ってまた不安定になる。
そんな悪いループにハマっていたのです。

しかし、今年の次男は違いました!!
(※もちろん担任の先生も、6年生になって違う先生になっていました(笑))

学校から電話が来ないので、逆にとても心配していた私…。
「今日は応援団の練習があるから、早く行くね」と、さらっと登校していく様子を見て、ますます心配になったり…。
家では、1学年下の妹と一緒に騎馬戦も組体操もやらなければいけないことをとても嫌がっていたのですが(もちろん妹の方も嫌がっていました)、妹に「お兄ちゃん、ちゃんと組体操してた??」と聞いてみても、「見てなかった」としか言いません。
「いったい、今年はどうなっているの??」と不安な気持ちいいっぱいで、当日を迎えました。

そして、いざ運動会が始まってみると…。
周りの子に比べて一際デカい次男と妹。いるだけでも目立つので、ちょっとでも集団からはみ出るとものすごく目立つはずが、なんだか二人ともそれなりに!?
その姿を見て、運動会なんだからみんなで一緒に動くことが当たり前だと考えればそれまでなのですが、私には確かに伝わってくるものがありました。

「次男が、ものすごく、がんばっている!!!」

騎馬戦では大きな体を活かして、大将が乗る馬役の先頭(前後左右の4人ペアで馬役になります)となり、ラグビー日本代表のスクラムを彷彿とさせるかのようなパワーで相手の馬のバランスを崩し、見事に勝利していました。
それを見て、小さな3、4年生が「(次男と長女がいる)赤組の土台、スゲえ!デケえ!最強じゃーん!」と盛り上がっていたのには、思わず苦笑…。
昨年、かなり不安定になる要素だった組体操では、ペアになるお友達の土台として、どうすればお友達が動きやすいかをしっかりと考えながら、その気遣いがにじみ出るような動きを見せていました。

相変わらず、個人競技のかけっこでは、一生懸命走っても一位にはなれなかったけど(一生懸命走ること自体が奇跡)、小学校6年間の中でこんなにも次男が活躍できた運動会は、初めてだったと思います。
次男と妹がいた赤組は、団体戦の圧倒的な強さで白組に勝利!!
走るのが速くなくても、自分の持ち味である体の大きさを精一杯活かせる、そんな運動会でした。

帰宅後はすっかり疲れてしまっていましたが、大好きなりんご煮を作ってあげると大喜び!
翌朝は金の食パンにたっぷりとりんごを乗せて、2枚たいらげていました。

今年、次男が落ち着いて運動会に参加できた背景には、担任の先生の影響が大きかったと思います。
夏休みの面談時から、先生はおっしゃっていました。
「(次男は)運動会を嫌がっているけれど、体が大きいから、絶対にいい土台になれます!」
持ち味を引き出してくれた先生に、心から感謝です。

子どもって、出会う大人によって良くも悪くも影響を受けてしまう存在だからこそ、大切に育てていきたいですよね。
がんばった子どもたちと、強みを引き出してくれた先生に、心から感謝したい運動会でした。